資格試験の詳細ページhistoryBACK
HOME資格試験のページ【国家資格】ITパスホート試験の試験対策(用語集)

【資格試験の詳細】
  ITパスポート試験の概要、試験勉強の仕方などを紹介します。
 また、受験テキストの紹介や「オリジナル資料(用語集)」なども付けています。


資格(試験)名称:ITパスホート試験
試験種別:国家試験
試験結果通知:2015年9月26日 試験結果レポート.gif(31KB)
合格証書交付日:2015年10月15日 合格証書.jpg(227KB)
受験料:5,100円
試験日程:全国47都道府県の各試験会場で随時(大都市では週3、4回、地方では月1、2回程度)
難易度:★★☆☆☆(合格率は45〜50%程度)
実施者:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
試験情報:【ITパスポート試験】情報処理推進機構 ←先ずは覗いてみてください。
ITパスポート試験内容

資格の概要:
  ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる
 国家試験です。受験資格は特に無しです。

出題範囲:(IPA 独立行政法人 情報処理推進機構/情報処理技術者試験/試験要綱・シラバスなど
 ・IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:試験要綱.pdf(342KB)
 ・「ITパスポート試験」シラバス(Ver 3.0).pdf(575KB) ※2015年5月28日更新

勉強方法(試験対策):
  この試験の対策としては、まずシラバスをダウンロードして試験範囲を把握し、そこに出てくる用語の
 概要(特にアルファベット3文字用語)を覚えることが早道です。過去問題やCBT疑似体験ソフトウェア
 まで公開されているので、試験の概要はつかみやすい。その反面、問題のパターンが多いので、山を張る
 のではなく、広く浅く勉強するのがよいと思う。
  受験参考書は管理人が購入したもので十分です。Web検索すれば参考になるサイトが山ほどあるので、
 これらを利用するのも方法ではないでしょうか。とにかく情報処理技術者が対象ではなく、一般社会人が
 対象ですので、それほど深い専門知識は必要ありません。

受験参考書:(管理人が実際に使用したもの)

 (1) ITパスポート完全合格教本(2010年度版) ノマド・ワークス[著]新星出版社(BOOK・OFFで108円)
   ただし、最新版は2015年度版(1,600円+税) が出ています。
  【コメント】この本は表紙に「ゼロからでもわかる!」とあるように、非常にわかりやすい本です。
        初学者で自信のない方にお勧めします。
 (2) ITパスポート学習テキスト(シラバス準拠)浅井宗海、佐藤修[著]実教出版(BOOK・OFFで250円)
   管理人が購入した2009年版が最新版のようです。(1,800円+税)
  【コメント】シラバスに準拠しているため、流し読みするのによかった。
 (3) 合格するための過去問題集ITパスポート(平成25年春CBT試験対応) TAC出版( BOOK・OFFで108円)
   このシリーズは平成25年春版(1,500円+税) が最新版のようです。
  【コメント】わかりやすい解説や関連用語も付いている。また、間違いやすい解答例が役に立ちます。
 (4) 実際の過去問題と回答例は以下のリンクで公開されています。
   <外部リンク>【ITパスポート試験】情報処理推進機構/過去問題(問題冊子・解答例)

試験対策(参考資料):(管理人のオリジナル用語集)
  以下は、管理人が受験するに当たり、シラバスをダウンロードして、個人的に自信のない用語を選定し、
 その意味や解説を付け加えたものです。(シラバス完全準拠)追加削除して自分用に変更してください。
 ・ITパスポート用語集.xls(174KB)
  ITパスポート用語集(補足資料).pdf(465KB

その他、参考になるサイト<外部リンク>
 ・ITパスポートを徹底解説|ITパスポート試験ドットコム
   ITパスポート資格取得を目指している方への試験情報の提供や、短期合格へのサポートを
  目的としたサイトです。
 ・【ITパスポート試験】CBT疑似体験ソフトウェア
  これ程情報公開されている試験も珍しいと思います。実際の試験がそのまま体験できます。
  (ぜひ一度ダウンロードして体験されることをお勧めします。)

受験参考書と過去問題集は、以下のものを推奨します。
受験参考書と過去問題集:

     

当サイト内の内容、画像の無断転載、転用については固くお断りします。
Copyright (C) 2009 Mottai-Navi All Rights Reserved.