HOME資格試験のページ(TOP)資格試験のページ【公的資格】

資格試験合格のコツを紹介するページ
  資格試験の概要、試験勉強の仕方、合格のコツなどを紹介します。
  管理人(MORIO)が合格した資格をメインに、受験経験のある資格と今後受験予定のものを紹介します。

資格試験メニュー

資格試験のリスト(「資格名称」欄がリンクになっているものは、詳細資料があります。)
資格
種別
資格名称
[詳細リンク]
発行
(合格)
資格概要受験料
(現在)
合格のコツ
 公的資格 国家資格と民間資格の中間に位置付けられる資格
公的
資格
A.F.T 色彩検定(1級)2010/
1/22
「色彩検定」とは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。A・F・Tでは1990年からこの「色彩検定」を実施し、1995年度より文部科学省認定、2006年度からは同省後援の「技能検定」となりました。
インテリア、ファッション、グラフィックなどのいわゆるデザイナーと呼ばれる人達から一般職種の人達まで、社会人にも幅広く受け入れられている、色に関するスペシャリストの資格です。女性に人気の資格。3級と2級の内容は完全に理解しているのが前提です。
¥15,0001次試験(学科)対策は、公式テキストや参考書で勉強すれば十分合格できます。2次試験(配色実技)対策は、テキストだけでは難しいと思います。早く合格したいのなら、民間の1級2次対策セミナーを受講することを勧めます。実はこの2次試験が難易度を高めています。合格率を調整している様です。2次試験の合格ラインはその年によりかなり変動しますが150点前後(200点満点)です。国家資格なら通常は60%以上取れば全員合格です。
公的
資格
A.F.T 色彩検定(2級)2005/
7/1
3級から1級へのステップアップ用の級です。3級の試験範囲にマンセル表色系や色名、いろいろな配色技法が追加されます。また、プロダクトデザインや、インテリア、エクステリアの具体的なカラーコーディネーションが入ってきます。今回のテキスト改訂により各種表色系(XYZ、NCS、オストワルト等)が無くなり、1級の方に移ったようです。¥10,000公式テキストや参考書で勉強すれば十分合格できます。
1級〜3級までの受験者データでは専門学校生、流通・販売・小売業者、20才代が多い。受験した時の様子では、女性や主婦が多い。
公的
資格
A.F.T 色彩検定(3級)2006/
7/1
3級は、PCCSの説明と色彩に関する基本的な用語や理論を理解させるためにあります。色に関する学習は学校教育ではほとんど触れられることがありませんので、この3級で色彩の基本的なことが分かるようになっています。テキストを読んでいるたけでも面白いです。¥7,000公式テキストや参考書で勉強すれば十分合格できます。ただし、2級や1級へステップUPしたいのなら手を抜かずに勉強しておいてください。
公的
資格
1級カラーコーディネーター
(商品色彩)
2005/
12/4
東京商工会議所が主催する色彩に関する資格です。カラーコーディネーターとは、現代が抱える色彩の問題すべてに答えられる人。色をつくる、見せる、演出して、色彩の魅力を引き出す人です。
3級〜1級テキストの知識と、それを理解した上での応用力が問われます。1級は専門性を要求するため、3つの分野のうち1つの分野を選択します。
第1分野「ファッション色彩」
第2分野「商品色彩」
第3分野「環境色彩」
より専門性を追求して内容を高度化しています。自分の専門分野がハッキリしていると面白くテキストを勉強できます。
¥9,180マークシート問題は、公式テキストの内容をきちんと勉強すれば正解できます。また、A.F.Tのような2次試験(実技)はありません。ただし、記述問題が2問出題されます。(200文字以内と500文字以内)
記述問題は日頃から自分がラーコーディネーターになって諸問題を解説しているイメージで実際にしゃべってみてください。イメージできないと文章が書けません。用語の解説も実際に他人に説明するようにしゃべってみてください。
公的
資格
2級カラーコーディネーター2005/
12/14
3級から1級へのステップアップ用の級ですが、2級までは1級のように専門分野に分かれません。ということは、共通する基本的な部分での応用力が問われます。カラーコーディネーションの実際を、生活者、生産者、カラーコーディネーターの各立場からの視点で色彩を捕らえ内容を3級より高度化しています。実務に色彩知識を取り入れていく覚悟の人にとっては非常に面白く、かつ重要な部分でしょうか。¥7,140公式テキストや参考書で勉強すれば十分合格できます。
実を言うと、MORIOは3級をパスして2級と1級を同時受験し同時合格しています。
公的
資格
3級カラーコーディネーター勉強中3級は色彩の基本的な知識を身につけるのが目的です。公式テキストは、色彩用語を丁寧に解説してくれます。また、各種表色系や色彩調和論、色の文化についても解説がなされ、広範囲な内容になっています。まだ3級は受験していません。将来的には受験し「カラーコーディネーター検定試験講師認定制度」の養成・認定講座を受講を考えています。¥5,100公式テキストや参考書で勉強すれば十分合格できます。ただし、2級や1級へのステップUPや「カラーコーディネーター検定試験講師」の認定を取得したいのなら、手を抜かずに勉強しておいてください。
公的
資格
環境社会検定試験(eco検定)2008/
7/20
環境に対する幅広い知識をもち、社会や会社の中で率先して環境問題に取り組む人づくりを目的に2006年秋から始まった検定試験です。
商工会議所ではeco検定合格者を「エコピープル」と呼んでいます。「エコピープル」とは、幅広い環境問題に対する基本的な知識を有し、そこから生まれる問題意識を日常の行動に移そうとしている方々に対する敬意を込めた名称です。
¥5,250公式テキストをしっかり読み、日頃より環境問題に目を向けておいてください。最近の時事問題などについて環境白書・循環型社会白書などからも出題されるからです。基本的には過去問題を全て勉強しておけば、まず不合格となることはありません。その他、詳細は資料リンクを参照のこと。
公的
資格
ビジネス・キャリア検定試験
生産管理オペレーション1級
2008/
2/3
事務系職業に就く労働者の職業能力を客観的に評価するための資格制度です。この資格はH19に厚生労働省の支援のもと、公的資格としてリニューアルしています。MORIOはH16年にビジネス・キャリア・マスター「生産管理オペレーション」に合格していたので、ビジネス・キャリア検定試験「生産管理オペレーション1級」のみなし合格証を取得した。(1級については、旧マスター試験の範囲と内容に準じています。)1級のレベルは、10年以上の実務経験のある、部門長、ディレクター等を目指す人、又はスペシャリストが対象です。
¥7,850生産管理オペレーションの試験範囲は生産システムへのインプットからアウトプットまでの全てを含みます。例えば、「生産システム」「生産計画」「工程管理」「作業管理」「作業の改善」「資材管理」「在庫管理」「設備保全」「品質管理」「安全衛生管理」「環境管理」等です。テキストによる受験対策も重要ですが、日頃の積み重ねが物をいう資格試験ではないでしょうか。
資格
種別
資格名称
[詳細リンク]
発行
(合格)
資格概要受験料
(現在)
合格のコツ

【資格試験メニューに戻る】

当サイト内の内容、画像の無断転載、転用については固くお断りします。
Copyright (C) 2009 Mottai-Navi All Rights Reserved.